前へ
次へ

長期化している時は債務整理も検討

借金の返済期間は、かなり長引いてしまう事があります。
借金の総額が大きい時などは、どうしても長期化してしまうケースが多いです。
ところで返済期間が少々長い時は、債務整理も検討してみる方が良いでしょう。
減額される確率が高いからです。
例えば返済期間が6年ぐらい続いている時などは、債務整理を検討してみる価値はあります。
それぐらい長期に渡って返済し続けている場合、金融会社が定めている手数料は高すぎる可能性があるからです。
弁護士に相談してみますと、借金の一部が戻ってくるケースも多々あります。
逆に、返済期間があまり長くない時は、しばらく待ってみる方が良いでしょう。
期間があまり長くなければ、手数料はそれほど高くないケースも多く、かえって手間と時間を取られてしまう可能性があります。
基本的には、「5年」ぐらいが目安になります。
5年以上に渡って返済が続いている時などは、やや手数料が高すぎる可能性があるので、債務整理も検討してみる方が良いでしょう。

Page Top