前へ
次へ

債務整理を行うと今後カードは作れないのか

クレジットカードを発行する為には、もちろん審査を受ける必要があります。
状況によっては審査落ちになる可能性はありますから、注意が必要です。
ところで債務整理を検討している方々は、しばしば審査を気にしています。
自己破産などを行いますと、クレジットカードを発行できなくなるからです。
カードが作れないと不自由してしまう可能性があるので、二の足を踏んでいる方も少なくありません。
確かに債務整理を行えば、しばらくの間はカードは作れなくなります。
とは言っても、今後ずっとカードを作れない訳ではありません。
ある程度は年数が経過すれば、問題なくカードを作れるようになります。
基本的には7年ぐらい経過すれば、カードは発行しやすくなります。
ちなみにカード発行の審査には、コツもあります。
しばらく期間が経過したら、まずは携帯電話を契約してみると良いでしょう。
携帯の審査は、比較的通りやすいです。
契約したら、携帯の分割支払いの実績を構築していきます。
ある程度実績が構築されると、カードの審査に通りやすくなる傾向があります。

Page Top